無事、NewYorkに辿り着きました。
        これからは、現地での手続き、生活情報など「生の声」をお伝えします。

        ちなみに、もう一つブログしています。
        (そっちがメインだったりします。)
        よろしかったらどうぞ覗いて下さいね。

2005年12月21日

MTAストへ

NYの交通を一手に引受けるMTAが遂にストに突入しましたね。

アメリカは労働者の権利が強い国なんだなぁ。と改めて思いました。
労働者のパワーについては、一般的にヨーロッパ、特にドイツが世界最強だとか。
こう言った国では、経営難易度もまた高いのでしょう。

話が逸れてしまいましたが、要は労働組合が待遇改善を要望してストになったよう。
公共機関ですので、NY州裁判所からは「公務員のスト禁止」に反するため停止命令が出ていましたが、これを強行突破したようですね。
まぁ、お陰で、労働組合には法廷侮辱罪として100万ドル/日の罰金支払命令が出されたようです。

クリスマス商戦にも直撃し、4億ドル/日の経済損失だそうです。
何もこの時期に、という声もある一方、こういう時期だからこそ効果があるかもしれないと、この数字を見ると思います。
支持を得るか、反発を食らうかは諸刃の剣になってしまいますが・・・

ともかく、現地では事前から政府対策も進んでいたこともあり、通勤者がかなり苦労しているようです。
一刻も早い解決が望まれますね。
(前回の11日を更新しないことを望みます。)

そうそう、MTAのHPが当事者にも関らず「Service Alert」とし、しれっと現状報告しているのが、なんともおかしいです。
MTA側では、労働組合が一方的に悪者なんでしょうね。
posted by ひろ at 18:19| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ガランドウ

051219我家からものが無くなった。
遂に、荷物を海外に、そして国内に発送してしまった。
後には退けない。
(退くつもりも無いが。)

海外引越について、正直結構戸惑うことも多かったので、纏めて書いてみようと思います。

1.航空便と船便
 今回は50kg相当分を航空便で、それ以外を船便で発送するということになっていたため、作業スタッフに確認したところ、およその基準を教えてもらいました。
 押入れの衣装ケースを約10kgとして見れば、余裕が出ると。

 と、意外と少ないんですよね。
 最低限のスーツ・Yシャツなどビジネスグッズを兎も角送る事にしました。
 
 一方、船便で驚いたのは、船の中ではハンガーに掛けて運ぶことができるということ。
 殆どのスーツ、コートは船便で送ってしまいました。
 早めに発送したこともあって、向こうでの受領も若干早くなると期待。
 大物のみならず、家財大半はコチラですので、無事に着くことを祈ります。

2.ダンボール
 海外引越業者の利用するダンボールは、クッション層が2重になっています。
 一方、同時に実施した国内引越業者はクッションが1重。
 それだけ、海外引越は途中の荷扱い・荷捌きが荒々しいということなのでしょう。
 衝撃吸収が求められているようです。

3.感想
 国内の引越同様、作業員の方が梱包の殆どを実施してくれるので、当日は楽なものです。
 但し、事前の仕分け作業(国内or海外など)は、手間が掛かります。

 何が、向こうで必要か。
 何時、それらは必要となるか。

 などなど。

 ちなみに、船便の受領は新居で行いたいので、向こうに着いたら早めに短期滞在アパートから本拠地に移らなくては。
 つまり、家探しが急務になりそうです。

ともあれ、我家には何もなくなりました。
あるのは、今後数日必要な衣服、その他雑貨など。

ガランドウ、です。

<関連記事>
2005年12月10日 引越見積
posted by ひろ at 01:14| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

YOKUWAKARIMASHITA

"Do I make myself clear?"
"Yeah, Hi, YOKUWAKARIMASHITA"


今日のアポイントは08:45AM。
あまり遅刻すると、面接が受けられないとのこと。
それでは、何のために、ドキドキしてきたのか、全く意味がなくなってしまう、ということでかなりの余裕を持って家を出ます。

そう、今日は遂にVISA取得の最終段階。
アメリカ大使館での面接(INTERVIEW)を迎えることになったのです。
事前に収集した情報はネガティブなものばかり。
今年のJ-VISAは厳しい、とか、面接で落ちた人がいる、とか。
この日を迎える気分は、決して良いものではありません。
しかも、是といって何か対策や準備ができる訳もありません。
一方、手続き上最大の山場であることは事実です。
久しぶりに、ドキドキしました。

アメリカ大使館には08:30AMに到着。
噂どおりの長い列に並び、大使館内に入るためのセキュリティチェックを待ちます。



寒いです、この時期、この時間。
セキュリティチェックを通って建物に入るために、なんと45分も掛かりました。
さすがに、これには辟易としました・・・
すっかり冷えた体には、建物の暖房が気持ち良く感じます。

建物内の雰囲気は銀行窓口のような感じで、次から次へと申請者が呼ばれて行きます。
行程は指紋採取と面接の2段階。
僕の性格上、もうここまで来ると緊張はありません。

昔はもうチョット繊細だったと思うのだけれど、いまや、「開き直り」を身に付けてしまったようで、どんな時も「まぁ、今更どうしようもないし」と平常心になってしまう。
有難いような、恥ずかしいような・・・

全てが図々しく出来上がっています(汗)

"Good Morning, Sir."
"Good Morning."


こうして始まった、面接も冒頭の表現で無事終わることが出来ました。
実は、結構普通に話せてしまって、ちょっと冗談が混じったり・・・
ネガティブな噂も何のその、面接官は紳士的で素敵な方でした。
お陰で、自然体にお話することが出来ました。
(ありがとうございます、面接官の方。)

という訳で、晴れて"Your VISA is approved."のお言葉を頂きました。
いやぁ、こんなところでも人に恵まれています。
強運の持ち主かも、僕。

時期も時期なので、この勢いで宝くじも・・・
posted by ひろ at 16:51| ニューヨーク ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ビザ取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

まずはコートから

前も話題にしましたが、益々寒さが進むニューヨーク。
友人曰く、遂にマイナスも二桁にっ!

ホッキョクグマと人間が一緒に生活する環境が出来上がっているようです。

これは、向こうについてからコート購入したのでは、冗談抜きで凍え死にます。
というわけで、コート購入しました。

051215一応、ON/OFF兼用可能なダウンコート。
ダウン100%とはいかず、80%ではありますが、表面は防水加工したコットンなので雪国では重宝するかと。
しっかりお尻も守ってくれる着丈のものですが、ロングとまでは行かないところが、どう転ぶか(笑)

僕の考えとしては、先ずはコレで凌いで、無理な場合にはON用コートを現地購入。
この場合は、更なる出費も止むを得ないでしょう。
また、同じような冬を過ごすことを考えたら…

あ〜、考えるだけで寒い。


<関連記事>
2005年12月5日 ニューヨークの冬
posted by ひろ at 02:10| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

研修開始

ようやく慌しくなってきた、ひろです。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか、この師走を。

さて、慌しい理由は、引越の準備が主な要因ですが、今週一杯の研修もこれに拍車をかけます。
僕の会社では海外赴任者が多いこともあって、渡航前の研修が、充実しています。
というわけで、僕もそれに参加しているわけです。

内容は、異文化交流と人事制度の紹介。
後者は流石に日本語ですが、それ以外は英語です。
今日は、久しぶりの英語漬けで、なんとなく頭が痛くなってしまいました。

知恵熱?

これで生活できるのでしょうか、アメリカで。
posted by ひろ at 00:39| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

Webカメラ購入

結局Logicool Qcam Fusion "QVX-13"を購入。
Newyorkerさんは、デスクトップの方には、と評していましたが、ノートでも買っちゃいました。
(Logicool社もデスクトップ用のつもりらしいですが。)

本当は、Qcam Orbitがカッコ良いし、機能も面白くて欲しかったんですが、流石に手が出ません。
とは言え、今回買ったのも、十分に高いのです。
なんと約9000円
まさか、こんなにするとは思いませんでしたが、デジカメのようなスタイリッシュなデザインが心を惹いた、というところでしょうか。
有効画素数、130万画素、ということで、自家撮りしている限り、極めて綺麗な画像です。
ただ、現在64kbpsしかない我インターネット回線でtoo Machな気もしますが。

ちなみ、僕のノートパソコンにもバッチリ固定されました。
クリップのようにはさむ代物ではないですが、普通に使用するには十分な固定度でしょう。
ヨドバシカメラの店員さんも問題ない、と言っていましたし。

というわけで、これで距離を気にしないコミュニケーション体制は十分に整ったかと。
あとは、向こうで無事にプロバイダ契約が結べるか、ですね(汗)

<関連記事>
2005年11月30日 パソコン購入
posted by ひろ at 21:56| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

引越見積

先日、引越について少し触れましたが、今日はその続きを。

前回記載の区分のうち、国内関連については親戚に引越会社勤務者が居るため、既に日取、見積については調整が完了しています。
まぁ、こちらについては普通の国内引越なので、戸惑うことがそもそも少ないので、順調です。

一方、海外引越分が長らく懸案でしたが、本日、海外引越業者が見積に我家に来ました。
人を呼びつけておきながら、まだ何を持っていくのか、という整理も不十分だったので、漏れがあるかもしれませんが、現在思いつく範囲で持参物を見て頂きます。

その結果、凡そこんな区分を。
そもそも、昔から海外転勤希望だったこともあって、家財道具を買い揃えず、数が少ないため、単う者の方もがっかりするほどのボリューム。

<航空便>
 洋服類(スーツ、シャツ、私服など。特に夏物中心に。)

<船便>
 布団
 テーブルセット
 ティーテーブルセット
 食器
 電化製品

<手持>
 当面の衣類


基本的には、国内と同じように物事は運ぶようです。
例えば、押し入れのプラスチックケース内の衣装はケース毎持っていってくれます。
(あ、向こうであのケース収納するスペースってあるのかな?)

また、それ以外の品も引越業者が箱詰めなどしてくれるそうですが、逆に言えば、それまでに発送物は買い揃えが必要ということ。

うぅ、まずいぃ。

必要な物品リストを再度洗いなおさなくてはなりません。。。
洗濯ネットとぉ、、、

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぅっ!

<関連記事>
2005年12月4日 引越し準備、さよならテレビ
posted by ひろ at 23:44| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

最終書類提出

今日、VISAに必要な種類の提出を完了しました。
Aさんに、手渡し。

このときAさんに初めて(!?)お会いしましたが、電話の声の印象と同じく温厚な方でした。
後少し、宜しくお願い致します m(_ _)m

でも、この時Aさんから仕入れた情報では、現在J-VISAの許認可がかなり厳しくなっているとのこと。
どうやら、アメリカ従来の治安的な問題の他に、年末でVISA発給枚数制限の兼合いもあるようです(一部VISAは年間発給枚数が決まっているようです)。
これは厄介なことになってきました。

大使館面接がマスマス重要になってきたということです。
つまり、英語が。
ここ最近、全く利用していない英語で、正しいニュアンスで意思が伝えられるのか相当不安です。

ここまできて、ダメだったら、、、
posted by ひろ at 23:24| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ビザ取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

送別会

大変有難いことに、昨日(12/6)は部の忘年会に併せ、僕を含め数人の送別会を開催頂いた。

正直、社会人になって以来、送別される立場になったのは初めて(何せ、本格的な異動が初体験)なので、感謝の言葉も上手く言えなかった。

でも、「1年半という期間をニューヨークで過ごすチャンスを与えてくれた全ての人と、今まで僕を支えてくれてきた全ての人に感謝したい。」という気持ちが少しでも伝わったなら、良かったと思う。

さて、実は今後は、忘年会やら友人の送別会やらで、毎日のように予定が入っている。
一方、こなすべき準備も数多くあるわけで、時間を有効に過ごす方法を今まで以上に考えなくては、マズイと思う。
がんばろっと。

あ、仕事もやんなきゃ・・・
posted by ひろ at 01:22| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

ニューヨークの冬

ニューヨークの冬は寒いらしい。
雪が降るくらいですからね。

ネット上のある情報では、1月の平均気温は0度だとか。
平均が0ということは、、、考えるだけでも恐ろしい。

寒いことが大の苦手で、冬は冬眠動物よろしく最低限の活動しかしない僕にとって、まさかスキー場のような環境に生活することになるとは、正に悪夢です。

盛大な、防寒対策、是が今や渡航後生活の最大の関心事になりつつあります。
というわけで、繁華街に行くチャンスを捉えてはコートを物色中。
希望は、軽くて暖かいもの。(当り前?)
ロングダウンのコートや、カシミアのロングコートか、と思うのですが、そう言ったものは値が張りますし、なかなか購入に至りません。
しかも、高価のみならず、デザインが「おっさんくさくて」。
(まぁ、もうすぐ「おっさん」の仲間入りですから、諦める手もあります。)

公私両用 or 別物も悩みのタネです。

そう、雪対策の話題を一つ。
昨日靴屋さんに行ったときに、メンテナンスのコツを聞いてみました。
まずは、ソールは合成ゴムがお薦めだそうです。
天然ゴムは固くなりやすく、天然皮革は当然痛みやすい。
合成ゴムは、水分や温度変化に比較的強いそうです。
とは言え、履き終えた後は、乾燥剤などを入れて、水分を吸収させないとソールの痛みは進行するらしいですが。
あとは、皮部には防水スプレーが効果的とのこと。
と、セールストークを信じて、防水スプレーを購入しました(笑)

あぁ、雪&寒いのダイキライだっ!
posted by ひろ at 13:50| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

引越し準備、さよならテレビ

海外転勤、ということは、海外に引越しするということでもあります。
というわけで、最近は引越し準備でバタバタ。

基本は国内残置と持参、そして不要品に区分け。
持参は、手持ち、航空便、船便に、不要品は、譲渡と廃棄に。
う〜ん、ごみの分別より困難です。

今日はそんな中でも、不要品-譲渡の話を。
アメリカの場合、ある程度のアパートでは台所用品、ランドリー完備ということで、これら製品は持参不要ということに。
具体的には、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、ガスコンロ。
実生活の中での、大物電化製品は殆どこのジャンルに区分けされます。

これらは、1年半後に帰国することを考えれば残置でも構わないのですが、一方使用開始後既に3年が経過し、帰国後は5年目に突入。
どうせ故障が出て買い換える時期ですから、それであれば、利用できる今のうちは必要な方に使っていただこう、と言うことに。
現在貰い手、募集中。

その他に、テレビ。
これももっていってもしょうがない、古いし。
というところで、引き取り手が見つかりましたので、ビデオとセットであげちゃいました。
(正確には、このテレビ頂きモノだったのですが、元の持ち主が引取りたいとのことでした。)
というわけで、残り1ヶ月、テレビ無し生活です。

う〜む、煩悩が減って良いような悪いような。。。
posted by ひろ at 11:38| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

内示

辞令、一ヶ月前。
ようやく提示されました、内示です。

これで、部内の人には隠さなくて良くなり、精神的に安楽です。
まぁ、お付き合いのある社外の方や、部外の方には相変わらず秘密なので、引続き注意が必要です。

とは言いながら、ちょっとだけ大きく出ちゃいます。
実は、当方普通の日記もつけています、もう一つのブログで。
(そっちがメインだったりします。)
そちらにリンクはっちゃいますっ!
でも、向うからこっちははりません。まだ慎重にね

今まで、両方呼んでいてくれた方、少し便利になりますよ〜

でも、一つだけお願いが。
もし、部外の方で思いがけず僕の異動(予定)を知っちゃった方、1月までは内緒ですよ〜。
お約束してくださいませ。
posted by ひろ at 12:08| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

第一段階を終えて。

ビザ取得のためのアメリカ側での受入書類の整備が完了、無事通過した旨、連絡がありました。
これで、ビザ取得に必要な書類が全て整い、あとは、米国政府のビザ発給許可を頂くべく、最終段階に挑むのみです。

取掛かりとして、写真を撮影し、今は書類作成中。
事実の羅列で良いので前回より比較的楽ですが、「過去に行った国と時期」みたいに、細かいこと忘れちゃったよ、みたいな質問には苦労します。
(newyorkerさんの言うとおりですね・・・)

一方、現在大使館面接が16日(金)に予定されていますので、こちらも不安に。
今月渡米する同期と夕食を食べたときに、面接の様子を聞いてみましたが、う〜む・・・たらーっ(汗)

相当不安になりました。
J-VISAは既に英語が出来る人が研修でアメリカに行くためのものなので、僕みたいなノミの心臓は、面接でちゃんと英語が話せるか、もし圧迫面接だったら、など不安山盛。
う〜

不安じゃ。
posted by ひろ at 00:00| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ビザ取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。