無事、NewYorkに辿り着きました。
        これからは、現地での手続き、生活情報など「生の声」をお伝えします。

        ちなみに、もう一つブログしています。
        (そっちがメインだったりします。)
        よろしかったらどうぞ覗いて下さいね。

2006年02月28日

Greenpacks

ちょっと宣伝じみてしまうので、興味ない方はスキップください。

実は会社の後輩が独立起業、奮闘しています。
同社の発展を祈るのみ、大して力にも慣れませんが、同社のWebsiteが完了したとのこと。
右側メニュー「お気に入り(HP編)」にリンクしましたので、覗いてみてください。

プラスチック製品を取扱う貿易会社とのこと。
宜しくお願いします。

p.s.
「空を見上げて」にも全く同じ記事を掲載します。
 ご容赦ください。
posted by ひろ at 15:32| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RENTの見方

06022701_RENT
"RENT"をブロードウェーで見てきました(鑑賞記はコチラ)
ということで、「今後見たいっ!」と思っている方のために、Small Tipsを以下紹介したいと思います。

続きを読む
posted by ひろ at 15:26| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

The 25th Annual Putunam County Spelling Beeの見方

06022601_Spelling Bee
"The 25th Annual Putunam County Spelling Bee"をブロードウェーで見てきました(鑑賞記はコチラ)
ということで、「今後見たいっ!」と思っている方のために、Small Tipsを以下紹介したいと思います。

続きを読む
posted by ひろ at 13:58| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

サッカー事情について

この国では、なかなかサッカーを観戦することができない。
というのも、代表はあんなに強い(世界ランク8位)のに、メジャースポーツとして確立していないのです。
(MLSもかなりマイナーです。)

勿論、サッカー見る人も居るのでしょうが、他のスポーツが盛ん過ぎてテレビでもスポーツバーでも驚くほどチャンスが少ないのです。

この街を訪れるサッカーファンのために基本的な観戦情報を。

1.ケーブルテレビ

唯一と思いますが、Time Warner Cable124チャンネルで英語のサッカー放送があります。
FOX Soccor Chanelと言いながら、ソースはSkyなのでプレミアシップを中心とした欧州サッカーが見れます。

125チャンネルでは、スペイン語放送で、メキシコサッカーや南米サッカーが中心です。
日本では中々見れないので、ある意味美味しいのですが、欧州サッカーがどうしても恋しくなります。

2.スポーツバー

街中のバーの看板を見ていると、その日のプログラムが書いてあるので、それを頼りにお店を選びます。
と言いながら、こちらはまだ未体験。

3.インターネット

今僕がはまっているのは、コレ。
UEFAの提供するインターネットビデオ配信会員になると、「UEFA主催試合」の試合がダウンロードできます。
つまり、チャンピョンズリーグとEUROが見れるわけです。
配信タイミングもかなり早い(24時間くらい?)ため、十分満足です。
(こちらでは意識して情報を探さない限り結果が分からないので、十分な時差なのです。)

英語はコチラ(RealPlayer使用)
日本語はコチラ(MediaPlayer使用)

僕は日本語を使っていますが、恐らく内容は一緒と思われます。
(過去試合、ハイライト。)

今年はワールドカップがあるので、もうちょっと探してみます。
posted by ひろ at 11:16| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

CHICAGOの見方

06022301_Chicago"CHICAGO(シカゴ)"をブロードウェーで見てきました(鑑賞記はコチラ)
ということで、「今後見たいっ!」と思っている方のために、Small Tipsを以下紹介したいと思います。

続きを読む
posted by ひろ at 20:23| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

The Phantom of the Operaの見方

06022002_Majestic Theatre"The Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)"をブロードウェーで見てきました(鑑賞記はコチラ)。
ということで、「今後見たいっ!」と思っている方のために、Small Tipsを以下紹介したいと思います。










続きを読む
posted by ひろ at 15:58| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

Saint Valentine's Day

人生初めてゴディバの行列に並びました。
2月14日のバレンタインデーは、当地では日本と逆なのです。

この日は男性が、チョコレートや花束を恋人や奥さんにプレゼントする日として位置づけられています。
と言うわけで、今日は街中でデリバリーサービス中の花や、チョコレートショップが賑わいを見せます。

勿論これが派生して、日頃お世話になる職場の女性に感謝の気持ちを込めて、というプレゼントもあるのです(職場によるのでしょうが)。
日本なら義理チョコ、でしょうか。
と言いながら、日本よりはメンタル的に健康かもしれません。
義務と言うよりは、上述のとおり感謝の表現として考えるからでしょう。
(根底には、男女に関する、こちらの文化的思想があると思いますが。)

と言うわけで、買出しに行き、並んだわけです。
ちょっと興奮しましたね。。。

こちらに来たら、特に奥様へのプレゼントは抜かり無い様にしたほうがよいでしょうね・・・
posted by ひろ at 18:42| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

Start-Up 在留届

すっかり忘れていました。
渡米後、唯一日本にかかわる公的手続きがありました。
それが、「在留届」の提出

これをしたからと言って、本人にはあまりメリットはないのですが、特に日本国内に家族を残している方は必須です。
有事の際の政府の対応が、この届出を基に実施されるからです。
つまり、日本国内の家族に情報が行きやすくなる、と。
(逆に届けて居ないと、政府の対応が後手に回る可能性があるということです。)
パスポートはトレースに時間がかかるでしょうしね。

まぁ、法律で義務付けられているようではありますが。

方法は極めて簡単です。
(だからすっかり忘れてた。。。)

インターネット登録(コチラからどうぞ。)、若しくは専用用紙を最寄の(管轄の)領事館へ郵送で提出するだけです。
posted by ひろ at 15:52| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航後手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

Start-Up SSN取得

Social Security Number(SSN)について基礎知識を。

米国で生活する際に、ほぼ「必須」と言っても良いでしょう、SSN。
元々はその英語を訳したとおり「社会保障番号」ですが、つまり「納税者番号」として機能しています。
アメリカには戸籍が無いので、個人に割り振られるこのSSNがその代わりになっているのですね。

なので、これさえあれば、大抵の手続きに必要な書類の半分(もう半分は写真付ID、これは別途記載します。)は手に入れたも同然です。

と言うわけで、今日はその取得方法について。
(報告遅くなってスイマセン)
J-1ビザの人は極めて簡単です。

@J-1ビザ入国後暫く(10日ほどと言われる)待つ。
A申請書をダウンロードし、記入する。
B以下持参の上、Social Security Officeに行く。
  パスポート
  DS-2019
  申請書
C2週間待つ。

では、体験談を交えて。

@アメリカらしいことですが、入国情報が移民局のデータとして取り込まれるまでにタイムラグがあります。
 SSNは、この移民局のデータベース利用しているため、あまり早く行くと、「なんだ?」と言うことになります。
 僕も早く行き過ぎて、「ん?」と言う顔をされましたが、幸いにも、担当官が新人のチュートリアル中だったので、「データベースに登録されてない場合は、、、」とか言いながら、あっけなく通過。

 ちなみに、友人はそんなはずはない、とアメリカのお役人相手に押し切ったらしい(汗)

Aちょっと意味が分からないところもあるかもしれませんが、ガイドに従って記入するだけ。
 神経質になる必要は無いでしょう。
 ウソ書かなければOK(って本当か?)

Bアメリカのお役人、ということで相当緊張して出陣。
 そもそも、大いに行列しなくてはならないと聞いていたので、9時オープンに備えて8時過ぎには到着するつもりで行ったが、場所が良く分からない。。。

 SSAのHP上のオフィスロケータでチェックして、印刷までしていったのに。
 入り口が小さくて見過ごしていたのが理由ですが、結局到着はあろうことか8時半。

 これは、、、

 と思ったのですが、オフィス内は人がほとんど居らず空いています。
 用件をガードに言うと、座ってろ、と。
 ハイ、おとなしくしてます。

 で、暫くすると、ガードがキチンと来た順に整理券を配布。
 しかも、その後、受付が開始されるとなんと彼女は整理券順に整列させるのです。
 横入(僕がされた・・・)には遠慮ない喝が。
 おぉ、アメリカの役人、すばらしいっ!

 と言うわけで、うわさなんて何のその、極めてスムースに手続きが終了し9時半には解放されました。
 
 (ただし、これは本当に稀な事らしいです。皆様、ご覚悟を。)

C2週間、と窓口で言われましたが、1週間後には入手。
 うーむ、素晴らしすぎます、SSOっ!
 ありがとう、アメリカ(笑)

もうちょっと、まじめな情報を知りたい方はコチラ
posted by ひろ at 02:57| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航後手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

引越し反省事項

さて、今週月曜日に無事アパートへの引越しを完了したことはコチラでご紹介したとおりです。

ここでは、日本から海外に引越しを経験したものとして反省点を書きたいと思います。
今後の皆さんの参考になれば、、、

とにかく一番の反省点は、衣装ケースを持ってきたこと。
日本のプラスチックケースで「押入れぴったりサイズ」は、間違いなく、コチラでは邪魔者です。
収納スペースは奥行きがないので、どこに置こう、みたいな。
要は普通のクロゼットに、あのケースが入るか、と。

入るわけありません。

どうせなら、もうちょっと小さいサイズ(奥行き40センチくらい?)のものに詰め替えて大量に持ってくればよかった・・・
こっちの収納はハンガーと棚1つで天井(それも結構高くて3メートル弱はあると思われる)までのスペースを使うから、そのままだとスペース効率が
すごく悪い。
唯でさえ、スペース少ないのに無駄にはできません。

ということで、2つ目のポイントは小さいボックスを持ってくればよかったな、と。

それから、他の記事で触れた気もしますが、家具持ってこなければ良かった、、、
冷蔵庫などの電化製品は持参していないので最悪の事態は免れましたが、こちらは家具つき物件もあるので、物件探しの障害になるし、その上、
こっちのサイズにあまり合わない。
レンタル家具も安い事を考えると、う〜む、短期だったら要らないですね、家具は。

ちなみに、引越し荷物を受取った感想ですが、
航空便はアメリカ到着後倉庫保管を暫くお願いしたことの影響か、ダンボールに湿り気が。
中は大丈夫でしたが、ご参考まで。
ちなみに、船便は、そんなことはなかったですね。ハンガー付梱包材も大活躍してくれました。

その他にも、あれを持ってきたらとか色々ありますが、それは引越し作業とはあまり関係ないので別の機会を見つけて書くことにします。

<関連記事>
2005年12月10日 引越見積
2005年12月20日 ガランドウ

posted by ひろ at 08:00| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

The Lion King の見方

LionKingをブロードウェーで見てきました。
ということで、「今後見たいっ!」と思っている方のために、Small Tipsです。

[劇場]
 3階まである大きな劇場(New Amsterdam Theatre)です。
 比較的新しいそうで、(始まる前は)すごく清潔な空間です。
 とは言え、舞台は若干日本より狭そうです。

 場所は42nd Streetと7th Avenueの交差点南西側です。
 地図はコチラ

続きを読む
posted by ひろ at 09:24| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

ミュージアムのまわり方 その3

ミュージアム、メンバーシップ情報後半です。
こちらは僕もまだ会員になっていないものを紹介します。

アメリカ自然史博物館
 恐竜の化石展示で有名な博物館。去年日本で話題になった"SUE"(シカゴThe Field Museum所蔵)は居ないけれど迫力満点。
 また、ダイオラマ手法(大規模ジオラマ展示)の先駆けとしても有名らしく、確かに展示方法は古典的パターンだ。。。
 (でも、個人的には、それが良かったりもする。)
 話を核心にもどすと、基本チケットの場合、大人14ドルで特別展鑑賞には別途チケットが必要です。
 一方、会員制度だと年70ドル/大人で特別展示までOKなれど、Space ShowやIMAXなど映像展示は割引に止まります。
 勿論、ミュージアムショップでの買い物は割引が効きます。
 因みに、会員には会報が配られるようです。

 詳しくはコチラをチェック。
 訪問記はコチラ

ホイットニー美術館
 現代アメリカ美術の展示で有名なWhitney Museum of American Art。
 コチラは入場料12ドル/大人(映像コーナは6ドル)となっていますが、会員の場合、75ドル/大人で1年間入場無料で映像コーナも含まれます。
 ここまで来ると書く必要ないかもしれませんが、当然ミュージアムショップの割引つき。

 詳しくはコチラをチェック。

グッゲンハイム美術館
 なぜか世界フランチャイズ戦略(?)を推し進めたSolomon R.Guggenheim Museum。
 館長が芸術を商売にしようとしたのかどうかはしらないが、うまく行っていないらしい。。。
 色気は禁物(所蔵品は超一級なので、美術館としてはかなり期待しているのですが。)
 通常大人18ドルの入場料ですが、年間75ドル(US以外在住は90ドル)で、入場無料と定期刊行物の受領ができます。
 言わずもがなの割引もあります。

 詳しくはコチラをチェック。

総じていえるのは、どこも1年で4回程度行くならば、お得です。
ただ、一方で税金控除の対象となっていることからも分かるように、寄付的な色合いも勿論ありますから、金銭収支上は赤字でも良いじゃないですか?
文化的な貢献なんてあまりできませんから。
そんな大きな気持ちで行きましょうっ!

(と、自分に言い聞かせる…)

<関連記事>
2006年1月日 ミュージアムのまわり方 その2

posted by ひろ at 06:02| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ミュージアムのまわり方 その2

さて。
主要、というか僕が関心のある美術館のメンバーシップはこんな感じです。
(ちょっと長くなったので、2回に分ける事にします。)
そうそう、メンバーとは何の関係もありませんが、美術館毎に写真撮影ポリシーがあるので、気をつけてくださいね。

それでは、先ずは僕も会員になったミュージアムからどうぞ。

メトロポリタン美術館
 泣く子も黙る世界4大美術館(大英博物館、エルミタージュ、ルーブル)の一角です。
 通称Met(The Metropolitan Museum of Artの略)、METだと別モノ(Metropolitan Opera House)になるので要注意です。
 通常入場料は、大人15ドルで館内及び別館の同日入場が可能です。
 特別展の鑑賞も問題なし。
 基本会員(Met Net)は大人55ドルで、1年間の館内及び別館の入場無料、ミュージアムショップでの買物割引、それから会員制レストランの一回利用権利がついてきます。
 申し込みは、美術館の玄関は言って右奥のカウンター若しくはインターネットから。
 カウンターの場合は、仮カードが発行され、その後郵送されてくるそうです。
 詳しくはコチラをチェック。

 訪問記はコチラ

MoMA
 2004年11月に新装オープンした、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art)。
 コチラは大人20ドルのチケットで、映画(大人10ドル)以外は自由に見てまわれます。
 一方会員は大人75ドル/年で映画含め入場無料、ミュージアムショップでも割引が得られます。
 会員証は、その場で即時発行。
 詳しくはコチラをチェック。

 訪問記はコチラ

<関連記事>
2006年1月25日 ミュージアムのまわり方 その1

posted by ひろ at 03:09| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。