無事、NewYorkに辿り着きました。
        これからは、現地での手続き、生活情報など「生の声」をお伝えします。

        ちなみに、もう一つブログしています。
        (そっちがメインだったりします。)
        よろしかったらどうぞ覗いて下さいね。

2006年11月01日

WICKEDの見方

Wicked

この「見方」シリーズサボっていましたねぇ・・・
ストックがあるのですが、先ずは最新情報からということで、ご勘弁を。

"WICKED"をブロードウェーで鑑賞してきました。
(鑑賞記はコチラで公開中。)
ここずっとですが、ブロードウェーでもイチニを争うチケット入手難易度です(正規ルートの話ね、勿論)。
それでは、早速行ってみましょう。

(欲しい情報あればコメントください。分かる範囲でお答えします。)

←是非、ワンクリックっ!

[劇場]

GERSHWIN THEATREです。
あの有名な「ガーシュイン」の名前を関したこの劇場は、51st StreetのBroadwayと8th Avenueの間南側にあります。

恐らくブロードウェー最大席数の劇場で、建物そのものも新しくて綺麗。
劇場街中心の古い雰囲気の建物とはまた違った感覚があります。

ちなみに、同じ建物の地下(50st Street寄り)で、Spelling Beeをやっています。

地図はコチラ

[お勧め座席]

是が非でもステージ正面に座ってください。
今回僕の座席は、H21でしたが、舞台セットが巨大すぎてステージ奥が遮られてしまいました。
ということで、サイドオーケストラはお勧めできません。
また、舞台セット(このセットが売りの1つですが)を堪能するためには、少し引き気味の座席が良いと思いますので、その点ではH列前後は中々良かったのではないかと思います。

因みに、メザニンは比較的後退している上に、オーケストラよりかなり高いところにありますから、あまりよくないと推測します。



[現在の(主要)キャスト]

現在の主要キャストは以下参照ください。

Glinda: KATE REINDERS
Elphaba: ANA GASTEYER
Madame Dillamond: CAROL KANE
Fiyero: DERRICK WILLIAMS (今回はU/SのAnthony Galde)
The Wonderful Wizard of OZ: DAVID GARRISON

是非、ANA GASTEYER(&KATE REINDERS)を見に、もう一度行きたいものです。

最新Castをチェックしたい方は、オフィシャルサイトのCastに載っています。
posted by ひろ at 21:02| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26589866

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。