無事、NewYorkに辿り着きました。
        これからは、現地での手続き、生活情報など「生の声」をお伝えします。

        ちなみに、もう一つブログしています。
        (そっちがメインだったりします。)
        よろしかったらどうぞ覗いて下さいね。

2007年01月12日

The Drowsy Chaperoneの見方

The Drowsy Chaperone

2007年2回目の鑑賞は、The Drowsy Chaperoneです。
2006年TONY賞で数部門を受賞したミュージカルですが、人気も一巡し、そろそろ見やすくなってきたので、見に行ってきました。

鑑賞記はコチラで公開中ですから、併せてチェックしてみてくださいね。
(欲しい情報あればコメントください。分かる範囲でお答えします。)

←是非、ワンクリックっ!

[劇場]

Marquis Theatreです。
ブロードウェー沿い45th Streetと46th Streetの間に立つMarriott Marquis Hotelの中(3階)にある劇場です。
Will Call(チケット劇場窓口ピックアップ)の方は、ブロードウェー沿いのボックスオフィスでチケットを入手してから、奥にあるエスカレーターを使って劇場フロアまで上がります。
ちょっと、分かりにくい構造ですねぇ。

内装は、赤を基調にかなりゴージャスな雰囲気。
椅子の背もたれも木も、高級感に溢れるデキです。

地図はコチラ

[お勧め座席]

D列108と、正面前から4列目ど真ん中の座席。
これだけ前だと、舞台の細かいところまで良く見る事が出来て、その点では秀逸。
舞台の袖から袖まで、ギリギリ見渡せるので、舞台以外が視界に入らずその点でも集中できてよし。
但し、スピーカーの焦点よりも前になってしまうので、音にばらつきが出てきてしまう感じも否めず。
舞台からはオーケストラの音の壁を乗り越えてキャストの生の声が聞こえてそれは良いんですけどね。
やはり、もうちょっと後ろが最善でしょうね。



[現在の(主要)キャスト]

現在の主要キャストは以下参照ください。
まだまだオリジナルキャスト(OC)が沢山残っています。
是非今のうちに。

Main in Chair: Bob Martin(OC) (今回はU/S Jay Douglas)
Robert Martin: Troy Britton Johnson
George: Eddie Korbich(OC)
Aldolpho: Danny Burstein(OC) (今回はU/S Joey Sorge)
Janet Van De Graaff: Sutton Foster(OC)
The Drowsy Chaperone: Beth Leavel(OC)

最新Castをチェックしたい方は、オフィシャルサイトのCast Biosに載っています。
posted by ひろ at 21:03| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
せっかくの海外生活なので、日本の伝統和柄を用いたジーンズを着こなして、日本のよさ・流行をを伝えませんか?
細部にわたり職人の技が盛り込まれています!
Posted by コロ助 at 2007年02月10日 15:19
はじめまして。
資料を検索中にこちらを見つけました。
私漫画家なのですが、原稿のためにメトロポリタン歌劇場の資料を集めています。
特にチケット売り場(ボックスオフィス?)の様子がまったくわからず困っています。
たとえば日本の映画館の窓口みたい、とか建物内部にある、とか、何でもいいので教えていただけると、本当に助かります。
お忙しいところ誠に恐縮ですが、お教えいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Posted by ナツミ at 2007年03月29日 00:46
The Drowsy Chaperone先月7/14(土)観てきましたが
最悪でした!Janet Van De GraaffがSutton Fosterではなく
別のキャストでしたがこれが酷すぎる!貧相なおばはんで
歌は下手やし踊りもまったく駄目でTonyの時にSutton Fosterが
演じたのとは比べようもなく最低でしたこんなレベルの低い
女優がブロードウエイにおるやなんて信じられません!ショック
出てきたときには椅子から滑り落ちちゃいました、マジで!
他のキャストは皆さん上手くて満足できましたが
Janet Van De Graaff役の貧相なばばあ、だけは許せません
彼女に恨みはありませんが、彼女を出演させたプロデューサー
他責任者達には憤慨しています、絶対に許さない、訴えてやる!
Sutton FosterがJanet Van De Graaffを演じない
The Drowsy Chaperoneなんか観に行ったら駄目ですよ、大損します!

Posted by kiki at 2007年08月20日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31301265

この記事へのトラックバック

gay lingerie
Excerpt: The Drowsy Chaperoneの見方
Weblog: gay lingerie
Tracked: 2007-01-31 13:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。