無事、NewYorkに辿り着きました。
        これからは、現地での手続き、生活情報など「生の声」をお伝えします。

        ちなみに、もう一つブログしています。
        (そっちがメインだったりします。)
        よろしかったらどうぞ覗いて下さいね。

2006年10月29日

サマータイム終了っ!

1時間得した気分な、29日早朝です。
そうなんです、サマータイムが終了しました。
当地夜中の2時が1時に逆戻りするという仕組みで、時間がコントロールされます。
この瞬間を見たかったのにぃ。

ケーブルテレビの受信機が時刻同期して表示してくれているから楽しみにしていたのですが、寝て起きたら既に腕時計と時差が(涙)

英語(というか米語)だと、Daylight Saving Timeを始めて経験しましたが、いいですね、これ。
明るい時間をフルに堪能できるわけで、素晴らしい。
正直、何がセーブできるかは疑問だけれど・・・
公共機関の夜間照明点灯時間が短くなるくらいかなぁ。

気になる個人の財布ですが、全くセーブできませんよ。
だって、明るい時間が増えて遊ぶだけですから(苦笑)

ということで、また日本との時差が14時間になりましたのでアシカラズ。
日曜深夜に切替えるのは、行政の配慮なんでしょうね、きっと。

←是非、ワンクリックっ!
posted by ひろ at 18:46| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

Columbus Dayって何?

日本が、体育の日で連休を謳歌している頃、アメリカも3連休で賑わいます。
この祝日を、Columbus Dayと言う訳です。

Columbusとは、日本語でコロンブスのこと。
あの有名な、大航海時代の冒険家・船乗です。
彼が、「新大陸」(なんとも独りよがりな言い方ですねぇ・・・)に辿り着いた1492年10月11日を記念した日で、北中南米で広く採用されています。


←是非、ワンクリックっ!

続きを読む
posted by ひろ at 12:43| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

Labor Dayって何?

久しぶりの祝日シリーズ。
サボっていたわけではありませんよ(笑)
アメリカも日本と同じで8月に祝日が無いのです。

日本と違うのは、9月第一週月曜日が必ず「Labor Day」でお休みになること。
全米の子供たちにとっては、「Back to School」(新学期=新学年)前最後の連休として大人気だそうです。
と言っても、NYの新学期は8月中旬頃らしいですが・・・

さて、

続きを読む
ラベル:アメリカ 祝日
posted by ひろ at 10:18| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

独立記念日って何?

これぞ、アメリカという祝日。
独立記念日(一般的には4th of Julyと言うようです。)について、ご紹介しましょう。

これは、1776年7月4日にフィラデルフィアでイギリス植民下の13州*代表者(47人っ!)署名の「独立宣言」がされたことを記念する日です。
(実は7月2日に採択そのものはされていたらしい。)

*New Hampshire、Massachusetts、Rhode Island、Connecticut、New York、New Jersey、Pennsylvania、Delaware、
Maryland、Virginia、North Carolina、South Carolina、Georgia

続きを読む
posted by ひろ at 01:04| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

Flag Dayって何?

かなり遅くなりましたが、6月14日はアメリカの祝日でした。
と言っても、会社は休みではないんですけど・・・

その名もFlag Day
日本語にするならば、「国旗の日」ですね。
そのままずばり、アメリカ国旗=星条旗を記念する日です。

続きを読む
posted by ひろ at 20:31| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

Memorial Dayって何?

5月29日(月)はMemorial Dayというアメリカの祝日です。
3連休になってお休み堪能、で素晴らしいことですが、せっかくアメリカの祝日を享受する訳ですから、その由来を調べてみることにしました。

新しいシリーズにしようかな、と思っています。
(皆さんの反応しだいかな・・・)
続きを読む
posted by ひろ at 19:28| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

「ドアマンのスト」後日談

前回の記事はこのブログ始まって以来のヒット数を記録しました。
といっても、初日72ヒットっ!!!
嬉しい事です。
やっぱり、不幸ネタは楽しいのかな…

さて、このお話の後日談ですが、
続きを読む
posted by ひろ at 14:23| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

ドアマンのスト

労働者の権利って国によって大きく違うと言われます。
例えば、最近新聞を賑わせたフランスの労働市場における労働組合の保守性、結束力は今の日本ではあまり想像の出来ないこと。
一般的にドイツやオランダなども労働者(労働組合)の力が強いと言われています。
そのため、これらの国でビジネスをする場合にはリスク要因としてこれらもちゃんと勘案しましょう、というのが企業の考え方です。

翻って、これが自分の私生活に入り込むとどうなるでしょうか。

続きを読む
posted by ひろ at 14:11| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

I Have a Dream

0601191月16日(月)はDr. Martin Luther King Jr,の誕生を記念してアメリカは祝日だった。
彼の誕生日は正確には1929年1月15日。
これに近い日、ということで例年1月の第3月曜日が祝日になるそうだ。

日本ではあまりなじみが無いであろう、彼の名前は、しかしアメリカの歴史、特に市民化の歴史を学ぶ上で欠かせない人物だ。
教科書の焼き直しになるが、簡単に書いてみたい。

もともとアメリカはヨーロッパ各国の植民地化により「開拓」された訳だが、入植者たちは労働力不足を賄うべく最初の黒人労働力が1619年に上陸したといわれている。
その後、公式には1808年に奴隷貿易禁止が法令化されるも、密輸入は続き、南部には悪名高き「プランテーション農業」が成立することになる。
奴隷解放を謳った「南北戦争」*を経て、1865年には合衆国憲法修正13条により奴隷制度は廃止されるが社会的差別が以前アメリカを支配することになる。
この社会的差別を打破したリーダが彼だ。
非暴力による抵抗を謳い、1963年には有名な"I Have a Dream"演説を行う。
「私には夢が、、、」と1865年に奴隷解放を目指したリンカーン像の前でアメリカの歴史になぞらえ、シンプルな言葉の繰り返しで力強い演説は今でも世界の名演説として名高い。
(聞きたい方は、言ってください。持ってますので。)
最終的には、1968年に暗殺されるに至る。

ちなみに、同時代には映画でも有名な運動家、マルコムX(元は彼もパプティスト派)が居たが、暴力性において異なるタイプの指導者だったと言われている。

*個人的には、南北戦争の「奴隷解放」も本質は「北部が不足する労働力の穴埋めとして、南部が独占する黒人奴隷に目をつけた、という構図に過ぎず、白人の都合を美化したもの」と感じます。

ん?
写真は何の関係も無いって?

そんなことはありません。
エンパイアステイトビルは展望台ばかりが有名ですが、実はその電飾にはいろいろなパターンがあります。
(全部で13種類らしい)
で、マーティンルーサーキングJr.の日はそのうちのひとつなのです。

緑、赤それから黒(消灯)の組合わせですね。
(意味はわかりませんが。)
星条旗と組合わせて、祝日っぽくとってみました。
(40th street と 5th avenue の辺りより)。
posted by ひろ at 21:26| ニューヨーク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

MTAストへ

NYの交通を一手に引受けるMTAが遂にストに突入しましたね。

アメリカは労働者の権利が強い国なんだなぁ。と改めて思いました。
労働者のパワーについては、一般的にヨーロッパ、特にドイツが世界最強だとか。
こう言った国では、経営難易度もまた高いのでしょう。

話が逸れてしまいましたが、要は労働組合が待遇改善を要望してストになったよう。
公共機関ですので、NY州裁判所からは「公務員のスト禁止」に反するため停止命令が出ていましたが、これを強行突破したようですね。
まぁ、お陰で、労働組合には法廷侮辱罪として100万ドル/日の罰金支払命令が出されたようです。

クリスマス商戦にも直撃し、4億ドル/日の経済損失だそうです。
何もこの時期に、という声もある一方、こういう時期だからこそ効果があるかもしれないと、この数字を見ると思います。
支持を得るか、反発を食らうかは諸刃の剣になってしまいますが・・・

ともかく、現地では事前から政府対策も進んでいたこともあり、通勤者がかなり苦労しているようです。
一刻も早い解決が望まれますね。
(前回の11日を更新しないことを望みます。)

そうそう、MTAのHPが当事者にも関らず「Service Alert」とし、しれっと現状報告しているのが、なんともおかしいです。
MTA側では、労働組合が一方的に悪者なんでしょうね。
posted by ひろ at 18:19| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

ニューヨークの冬

ニューヨークの冬は寒いらしい。
雪が降るくらいですからね。

ネット上のある情報では、1月の平均気温は0度だとか。
平均が0ということは、、、考えるだけでも恐ろしい。

寒いことが大の苦手で、冬は冬眠動物よろしく最低限の活動しかしない僕にとって、まさかスキー場のような環境に生活することになるとは、正に悪夢です。

盛大な、防寒対策、是が今や渡航後生活の最大の関心事になりつつあります。
というわけで、繁華街に行くチャンスを捉えてはコートを物色中。
希望は、軽くて暖かいもの。(当り前?)
ロングダウンのコートや、カシミアのロングコートか、と思うのですが、そう言ったものは値が張りますし、なかなか購入に至りません。
しかも、高価のみならず、デザインが「おっさんくさくて」。
(まぁ、もうすぐ「おっさん」の仲間入りですから、諦める手もあります。)

公私両用 or 別物も悩みのタネです。

そう、雪対策の話題を一つ。
昨日靴屋さんに行ったときに、メンテナンスのコツを聞いてみました。
まずは、ソールは合成ゴムがお薦めだそうです。
天然ゴムは固くなりやすく、天然皮革は当然痛みやすい。
合成ゴムは、水分や温度変化に比較的強いそうです。
とは言え、履き終えた後は、乾燥剤などを入れて、水分を吸収させないとソールの痛みは進行するらしいですが。
あとは、皮部には防水スプレーが効果的とのこと。
と、セールストークを信じて、防水スプレーを購入しました(笑)

あぁ、雪&寒いのダイキライだっ!
posted by ひろ at 13:50| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

セントラルパーク

cp.jpg
10月8日の記事で紹介した友人から素敵な写真をまたも頂いたので、アップします。

NYの憩いの場(らしい)として有名(こちらは間違いない)セントラルパーク

昔は犯罪多発地帯だったようですが、今は年間100件未満(それでも多い??)とダイブ落着き、映画の華やかなイメージも嘘ではないようです。

流石に都市景観との一体をテーマにデザインされたと言うだけあって、高層ビルと広大な芝生のコントラストが素敵ですよね。

ニューヨーク・シティ・マラソンのゴールとして有名ですが、流石にマラソンは無理なので、向こうに言ったら、公園の外周ジョギングしてみたいなぁ、と思います。

といっても、約10キロらしいので、無理かも・・・
posted by ひろ at 12:24| ニューヨーク ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | USについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。